貸家建付地の記事一覧- Page 2 of 3 - 貸宅地・貸家建付地ってどう評価されるの?

HOME » 貸家建付地

貸家建付地

貸家建付地の相続

遺産相続の対象となる財産の中でも不動産はよくあがってくるものですし、同時にトラブルになりやすい財産でもありますから、被相続人はもちろん相続人もあらかじめ不動産相続について知識を深めておくことが大切になります。
中でも少し難しいのが「貸家建付地」と呼ばれるもので、これは所有している土地にビルやアパート、マンションなどの建物が建っていて、なおかつその一室を第三者に貸している状態のところを指した言葉です。

それでは貸家建付地を相続する場合、どのような流れで進めていけばいいのでしょうか?
まずはじめに相続の基本的な流れに沿って進めなければなりませんので、被相続人が亡くなったら通夜や葬式を済ませ、遺言書の確認をします。
Click≫ 『貸家建付地の相続』

貸家建付地の売買

遺産相続の対象となる財産の中には不動産があり、相続の対象になることが非常に多いのですが、不動産には種類がいくつかあって、それぞれ概念が違ったりします。
それ故に不動産の相続はトラブルに発展してしまうことも多いと言われていますから、不動産を所有している人は将来自分が被相続人となることも想定して自分の不動産はどのように相続するものなのか知っておくといいでしょう。

今回テーマにしたいのは不動産の中でも少しややこしい「貸家建付地」についてで、これは不動産を所有している人や不動産関連の仕事をしている人以外だとなかなか聞きなれないワードだと思います。
まず不動産は大きく分けて「土地」と「建物」と「権利」に分類することができ、それぞれが財産となります。
Click≫ 『貸家建付地の売買』

貸家建付地の売却

遺産相続のときに高い確率で相続する可能性のある財産に不動産があげられますが、その中には貸家建付地を相続することになる人もいると思います。
普段から不動産に関わっている人なら分かるかもしれませんが、そうでない人は貸家建付地と聞いてもいまいちピンとこないのではないでしょうか?

Click≫ 『貸家建付地の売却』

貸家建付地の評価

遺産相続するときにはいろいろな財産が相続の対象になりますが、その中でも不動産は相続する可能性が高い財産のひとつと言えます。
預貯金などの現金であれば銀行で名義変更するだけですし、株式なども証券取引所や信託銀行へ問い合わせて名義変更するだけなので簡単ですが、不動産の場合は種類によって評価方法も異なりますし不動産とひと言で言ってもいろいろなものがあります。

Click≫ 『貸家建付地の評価』

貸家建付地について

遺産相続のときにはいろいろな財産が相続の対象となるため、ひとつひとつ相続の方法が異なり、かなりややこしいものもあります。
だからと言って遺産相続をそのままにしておくわけにはいきませんから、相続人になる人にはそれぞれ相続する遺産について知識を持っておかなければなりません。

現金のように分割が簡単なものならスムーズに手続きもできるのでしょうが、残念ながらそういったもののほうが少ないですし、遺産相続はそう何度も経験するものではありませんから、どんな遺産が残される可能性があるのか知っておきそれを相続するためにはどうすればいいのか調べておくのもいいかもしれません。
相続が複雑になりやすい遺産の代表的なものとして不動産があげられ、これはトラブルになることがよくあるそうです。

Click≫ 『貸家建付地について』

貸家建付地を知る

不動産は遺産相続するときに対象になることが多い財産のひとつで、戸建て住宅はもちろんマンションやアパート、オフィスなどいろいろな種類があります。
不動産を相続するためにはまずそれらの評価をしていかなければなりませんが、そのときに必ず出てくるワードに「貸家建付地」というものがあります。

これは不動産を評価するうえで必ず覚えておかなければならないワードですし、不動産を貸し借りする際にも重要なワードになります。
まず貸家建付地とはどんな意味を持つワードかと言うと、所有する土地に所有する建物が建っている状態で、その建物を第三者にお金を支払ってもらって貸している状態を指します。

Click≫ 『貸家建付地を知る』

貸家建付地借地権

遺産相続ではあらゆる財産が対象となりますが、その中でも土地や建物などの不動産関係はよくある財産のひとつです。
しかも不動産関係の財産を相続するためには専門的な知識が必要になるケースも多いため、少し複雑になります。
Click≫ 『貸家建付地借地権』

貸家建付地について

遺産相続ではいろいろな財産が対象となりますが、中でも土地や建物といった不動産はその代表的な財産と言えるでしょう。
一般的に土地や建物を所有している場合、それだけを持っている人はあまり多くなく、ほとんどが人に貸して利益を出そうとしていると思います。
そこで今回覚えておいて欲しいのが「貸家建付地」についてで、これは土地や建物を評価するときに非常に重要なポイントになります。
Click≫ 『貸家建付地について』

貸家建付地と使用貸借

遺産相続をするときにその対象となることが多い財産として土地があげられますが、土地はそれだけを所有している場合人に貸していることも多いと思います。
土地を人に貸している場合貸家建付地となりますが、使用貸借となるのか賃貸借になるのかによって状況は異なります。
そこでまずはこの2つをしっかり理解しておかなければなりません。
今回は貸家建付地とは何か、また使用貸借と賃貸借について説明していきますので、土地を相続する可能性がある方は特に参考にしてほしいと思います。

Click≫ 『貸家建付地と使用貸借』

貸家建付地と同族会社

遺産相続するときには相続人となる人が決められ、いろいろな種類の財産を相続する権利が与えられます。
これはもともとある法律に沿って進められる場合もあれば、被相続人があらかじめ遺言書を残している場合もあります。
そして相続対象となる財産の中でも土地は規模が大きく、相続税の対象となる可能性が極めて高くなります。

Click≫ 『貸家建付地と同族会社』