相続の不動産と借地権の関係 - 貸宅地・貸家建付地ってどう評価されるの?

HOME » 貸家建付地 » 相続の不動産と借地権の関係

相続の不動産と借地権の関係

借地権

不動産の相続の中でも、特に注意しておきたいのが借地権です。
借地権というのは、簡単に言えば土地を借りる権利のことで、被相続人が所有しているということも多いのではないでしょうか。
都会では住宅を建てるために土地を借りることもありますし、田舎でも土地を借りるということは多々あります。
そうなった時、この借地権については知識を持っておかないと心配も多くなります。
そもそも借地権に関しては、他の権利よりも若干効力が違ってくるのが特徴です。
そのため、被相続人が借地権を持っている状態で亡くなった場合は、相続人にそのまま相続させていくこともできます。
例えば、住宅だけを相続して、土地が相続できないということになれば、とても困るのではないでしょうか。
そこで暮らそうと思っていた場合、借地権が被相続人の代で終わってしまったら大変です。
そういうことを避けるために、国でもしっかりとしたルールを定めています。

そのルールというのが、借地権の相続は承諾が必要ないということです。
地主の承諾を得ることなく相続していくことができるので、拒否されることもありません。
ただ、地主の方もまったく知らされないと困るので、通知することはマナーとなっています。
マナーというか、それも決まりだと思っておいてください。
借地権の相続がある場合は、それらの状況も踏まえて考えていくことが必要です。
なお、人によっては借地権の相続放棄を考えている方もいるかもしれません。
実際にすでに他に住宅と土地を購入して暮らしている場合は、そもそも住宅も何もかも相続しないということもあるでしょう。
そうなった場合、借地権も当然のように放棄したいと思うはずです。
その際も地主には、しっかりと通知することが必要となります。
なお、この手の問題に関しては、やはり知識がないと対応するのが難しいです。
地主とのトラブルに発展してしまうこともあるので、できる限りは専門家など第三者を間に挟むと良いです。

専門家は色々な方がいて、特に弁護士や司法書士、行政書士、税理士は役立ちます。
それぞれ得意な分野が違ってくるので、そこは気を付けておくことが必要となります。
しかし、しっかりと考えて対応していけば、心強い味方になってくれることは間違いないです。
ぜひ、専門家の力を借りることによって、借地権の相続も対処していきましょう。
当然ですが借地権を持っていない方は、そもそもこの話も関係ありません。
そこは生前、被相続人にしっかり確認しておくことが重要です。