相続する不動産と借地権はいくらになる? - 貸宅地・貸家建付地ってどう評価されるの?

HOME » 土地の評価について » 相続する不動産と借地権はいくらになる?

相続する不動産と借地権はいくらになる?

相続

・相続する遺産は評価が必要
遺産に借地権があり、さらにその土地の上に建物があるなど不動産の相続をする場合もありますよね。
このときはそれら資産の相続の判断や誰が相続するかといったことも大事ですが、それら資産の評価も大事です。
相続があったら相続税への対応のため、遺産が合計いくらあるのかを調べる必要があります。
現金や預金は額面の金額をそのまま集計するだけですが、不動産はその価値を自分で評価しないといけないのです。

まず悩みになるのが借地権ですね。
借地権とは他人の土地を借りる権利のこと。
これを取得することでその土地の上に自分の家を建てられます。
まるで土地も自分のものになったようですが、土地はあくまで借り物となります。
このような土地を使う権利のことを借地権といい、相続の対象となる遺産の1つになります。

この借地権の評価額はいくらになるのでしょうか?
これは専用の計算式を使って計算します。
まずその土地が自用地だったとしていくらなのかを計算します。
このときの計算法も決まっており、路線価か倍率かどちらかを使うのです。
路線価も倍率もどちらもHPで公開されていますから、専用ページを見ればこれらがわかります。
それぞれの数値を土地の面積にかけることで土地の評価額がいくらかを計算できるのです。

自用地としての評価額がわかったらそれに借地権割合という所定の数値をかけます。
これもまた路線価や倍率のようにすでに決まっている数値です。
そしてそれら数値と同じHPで数値が公開されていますから、路線価や倍率を調べるときに一緒にメモしておくといいでしょう。
これらすべての数値がわかれば借地権の評価額を計算できます。
計算できたら、その評価額を遺産の集計に加えて完了です。

・不動産の評価額も忘れずに
借地権がある場合、借りている土地の上に自宅を建てているケースもよくあります。
このときにはもちろんその自宅も相続財産になるため、そちらの評価額がいくらかも調べないといけません。
そしてその建物については故人の所有物となりますから、通常通りの評価額となります。

建物の評価額については固定資産税評価額をそのまま使います。
これは毎年市町村などから送られてくる書類に記載されていますから、その書類を探してください。
見つかったらその評価額をそのまま使ってOKです。
これが記載された書類が見つからない場合は、市町村の窓口で固定資産課税台帳を確認すれば評価額がわかります。
このようにして相続が起きたときに借地権やその上に建っている不動産がいくらなのか調べられます。