貸家建付地を売買したい - 貸宅地・貸家建付地ってどう評価されるの?

HOME » 貸家建付地 » 貸家建付地を売買したい

貸家建付地を売買したい

貸家建付地とは、誰かに貸すための物件が建っている故人の土地のことです。
故人が自分の土地の上に賃貸マンションなど建て、そのマンションを実際に運営しており、誰かが住んでいるとき、その賃貸物件が建っている土地は貸家建付地となります。
故人が賃貸経営などしていたら、相続財産にはえてして貸家建付地が含まれるのですが、これをそのまま相続して活用するより、これを売買することの方に興味がある方もおられるでしょう。

賃貸経営は儲かるとのイメージを持たれがちですが、必ず儲かるとは限りません。
また、大家としてそれら不動産や土地を所有すると、税金の支払いもありますし、その物件の管理などもやっていく必要があります。
これら運営に興味がなかったり、本業の仕事で忙しかったりすると、貸家建付地も含めて売買したいことも多いでしょう。

このような物件や土地の売買は可能です。
不動産も資産の一種として普通に売買されていますから、相続によりそれを取得した方が、すぐにそれを売っても問題はありません。

ただ、これら売買の市場はどうなっているのか、本当に買い手が現れるか、相続人としては気になりますよね。
もし売れなかったり、売却に多大な手間や費用がかかったりするくらいなら、最初から相続を避けたい方もおられるでしょう。

まず先に貸家建付地やその上に建っている物件の売買ですが、これはオーナーチェンジという方法で売りに出せば、それほど手間や費用はかかりません。
オーナーチェンジとは、現在その物件に住んでいる方の賃貸契約を変更しないことを条件に、入居者が住んでいるそのままの状態で売りに出す方法です。
これなら入居者に退去をお願いする必要もなく、大家の都合のいいときに売却に向けて手続きを進められます。

あとは買い手が現れるかどうかですが、これは物件の築年数やその他の設備、立地などによってかなり需要が変わります。
これが悪くなければ、買い手が現れる可能性はあります。
入居者がいる状態で売れるのかと心配になるかもしれませんが、このような物件を購入すると、すぐに家賃収入を得られるのがメリットです。
不動産経営や家賃収入に興味がある方なら、このような物件を購入する方もおられます。

ただ、あまり人気のない不動産の場合、なかなか買い手が現れない、ほとんど値段がつかないといったこともありえます。
貸家建付地については売買以外をあまり希望しないときは、相続前に専門家に相談し、その相続した土地や不動産について、売買市場での需要などを確認の上、相続するといいでしょう。