貸家建付地とは - 貸宅地・貸家建付地ってどう評価されるの?

HOME » 貸家建付地 » 貸家建付地とは

貸家建付地とは

遺産相続するときにはまずどんな財産が対象になるのか調べると思いますが、その中でも不動産関連の財産は相続する可能性が高いですし、特徴が異なるのできちんと把握しておかなければなりません。
不動産とひと言で言ってもいろいろな種類があって、単純にマンションやビルなどの建物もあれば、山林や農地などの土地、ほかにも不動産関連の権利などがあげられます。

そして特に分かりにくいと言われているのが貸家建付地と呼ばれる土地で、これはよくある形ではあるものの、勘違いされることも多いのです。
そこで今回は貸家建付地とはどんな土地のことを言うのか紹介していきますので、不動産を相続する可能性がある人は覚えておきましょう。

まず土地はまったく何もない状態の更地もあれば、マンションやビルが建てられている土地もありますが、前者は自由地と呼ばれるもので後者は貸宅地と呼ばれます。
自由地は100パーセント土地の権利者が自由に使える土地で、人に貸し出すこともできますし、売却することもできます。

後者の貸宅地とは土地にマンションやビルなどの建物が建っている状態になりますので、その建物の所有者が土地の所有者と異なる場合は土地の権利のみが相続の対象になります。
土地も建物も両方持ち主が同じであれば、ふたつとも相続の対象になりますから、個々に評価していく形になります。

そして貸家建付地とは土地にマンションやビルなどの建物が建てられていて、なおかつその一室でも人に貸している状態の土地のことを言います。
したがって土地と建物の両方を持っていても、建物の一室を貸している時点で借りている人にその権利が与えられていますから、評価も下がります。

もっと言えば土地だけを所有していて建物は別の人が所有していると、土地を自由にすることができませんので、建物が建っている土地を相続するのみということになります。
そうすると評価はさらに低くなってしまいますから、貸家建付地は土地の中でももっとも評価の低い土地と言えるかもしれません。

もちろん交渉次第で自由にすることができるかもしれませんが、その際には違約金という形で建物の所有者や部屋を借りている人にお金を支払わなければならないでしょうし、相続財産としてはあまり魅力的ではないでしょう。
とは言え、売却すること自体は可能ですから相続したら自身で所有するのか売却するのか考える必要がありますし、評価方法等も知っておく必要があります。