貸家建付地について - 貸宅地・貸家建付地ってどう評価されるの?

HOME » 貸家建付地 » 貸家建付地について

貸家建付地について

遺産相続のときにはいろいろな財産が相続の対象となるため、ひとつひとつ相続の方法が異なり、かなりややこしいものもあります。
だからと言って遺産相続をそのままにしておくわけにはいきませんから、相続人になる人にはそれぞれ相続する遺産について知識を持っておかなければなりません。

現金のように分割が簡単なものならスムーズに手続きもできるのでしょうが、残念ながらそういったもののほうが少ないですし、遺産相続はそう何度も経験するものではありませんから、どんな遺産が残される可能性があるのか知っておきそれを相続するためにはどうすればいいのか調べておくのもいいかもしれません。
相続が複雑になりやすい遺産の代表的なものとして不動産があげられ、これはトラブルになることがよくあるそうです。

それではひとつ例を出して説明したいと思いますが、不動産を所有しているとよく「貸家建付地」というワードを目にしますが、これはどういった意味があると思いますか?
文字を見た感じ人に家を貸している状態を思い浮かべる人が多いと思いますが、これは半分正解で半分間違いです。

貸家建付地というのは自分の所有する土地に建てられた建物を人に貸している状態の土地のことを指しており、ただ建物を貸しているわけではありません。
貸家建付地には借地権という権利が発生しますが、これはその土地に建物を建てる権利を指している言葉ですから、貸家建付地とは建物とその土地を借りる権利を貸している状態なのです。
貸家建付地とよく間違えられるのが貸宅地で、これはよく間違えることがあるので違いを覚えておきましょう。

まず貸家建付地とは自分の所有する土地に自分の所有する建物が建てられており、その建物をほかに人にお金を支払ってもらって貸している状態です。
一方貸宅地とは自分の所有する土地に他人の建物が建てられている状態で、言わば土地の借地権のみを貸している状態になります。

貸家建付地の場合は貸家建付地借地権が発生し、その評価は(借地権価格)-(借地権価格×借家権割合)で計算します。
そして親子で貸し借りする場合によくあるのが無償での貸し借りですが、親子であろうとお金を取らずに貸している場合は貸家建付地にはなりませんので注意してください。

このように貸家建付地は少し分かりにくい部分もありますので、不動産を相続する可能性がある方はあらかじめ貸家建付地はもちろん貸宅地や借地権についても調べておきましょう。