貸家建付地借地権 - 貸宅地・貸家建付地ってどう評価されるの?

HOME » 貸家建付地 » 貸家建付地借地権

貸家建付地借地権

遺産相続ではあらゆる財産が対象となりますが、その中でも土地や建物などの不動産関係はよくある財産のひとつです。
しかも不動産関係の財産を相続するためには専門的な知識が必要になるケースも多いため、少し複雑になります。

たとえばよくあがるワードの中に「貸家建付地借地権」というものがありますが、これはどういったものなのでしょうか?
普段不動産関係について情報収集をしていたり、そういった仕事をしていない人にとってこのワードは聞いたことがあってもどういう意味があるのか分からない人も多いと思います。
また類似のワードに「貸家建付地」というのもあって、これは貸家建付地借地権とは少し異なる意味を持ちます。

まず貸家建付地とは何か説明すると、これは建物が建っている状態の土地のことを指しており、借地権を持つ人が存在する土地のことです。
たとえば自分の所有する土地に第三者が賃貸マンションや賃貸アパートを建てたいと思って土地を貸して欲しいとなった場合、その人に借地権に相当する料金を支払ってもらって貸し出します。
そうするとその土地は貸家建付地となります。

次に貸家建付地借地権についてですが、これは簡単に言うと「賃貸マンションや賃貸アパート、借家などを建てて第三者に貸し付けることを前提とした借地権」のことです。
要するに土地の持ち主と借地権について交渉する必要がない権利であり、この権利を持っているということはすでに土地の持ち主から借地権を得ている状態になっているので改めて土地の権利者に許可を取ることなく建物を建てることが可能です。

このように貸家建付地とは第三者に貸し出している土地のことを指していて、貸家建付地借地権とはすでに借地権を得ており自由に建物を建てられる権利のことを指しています。
言葉としては似ていますが、内容は異なりますのできちんと確認しておきましょう。

貸家建付地の評価は(自用地価額)-(自用地価額×借地権割合×借家権割合×賃貸割合)、(借家権割合=家屋に適用する割合)=更地の評価額×(1-借地権割合×借家権割合)で計算します。
一方貸家建付地借地権の評価は(借地権価格)-(借地権価格×借家権割合)で計算します。

不動産の評価はエリアによって変わりますし、時代によっての変動もありますので、相続する場合は専門家ともよく相談しながら手続きをしていくことが大切になります。
早めに不動産関連に強い専門家を見つけておくことをおすすめします。