貸家建付地と使用貸借 - 貸宅地・貸家建付地ってどう評価されるの?

HOME » 貸家建付地 » 貸家建付地と使用貸借

貸家建付地と使用貸借

遺産相続をするときにその対象となることが多い財産として土地があげられますが、土地はそれだけを所有している場合人に貸していることも多いと思います。
土地を人に貸している場合貸家建付地となりますが、使用貸借となるのか賃貸借になるのかによって状況は異なります。
そこでまずはこの2つをしっかり理解しておかなければなりません。
今回は貸家建付地とは何か、また使用貸借と賃貸借について説明していきますので、土地を相続する可能性がある方は特に参考にしてほしいと思います。

まずはじめに貸家建付地とはどういうことかと言うと、簡単に言えば自分の所有する土地にアパートやマンションなどの建物を建てている状態です。
したがって貸家建付地の評価は自分の持っている土地の部分のみとなりますから、一般的には貸家建付地の価額=自用地とした場合の価額-自用地とした場合の価額×借地権割合×借家権割合の計算式で評価額を出すことになります。

ただしこれは土地の権利者に対して土地を借りている人がその権利料を支払っている場合の計算になりますから、賃貸借になっている状態を指しています。
賃貸借は土地の権利をお金を支払って得ている状態なので、賃貸アパートなどを借りて会社運営をしている状態と同じだと考えると分かりやすいでしょう。
一方で使用貸借とは友達から物を借りるときと同じような感覚で、無償で土地を借りている状態を指します。
ですから当然権利料などを支払う必要がないので、評価は貸家建付地評価ではなく自用地評価となります。

そして親子間でこういったことがある場合は使用貸借のほうがおすすめです。
なぜなら賃貸借の場合は贈与税が発生してしまいますが、親子間だと使用貸借にしても借地権を設定するような権利もないので、課税対象になる可能性は極めて低いのです。
つまり使用貸借を選択することによって節税ができますから、親子間だからと言って気を使って賃貸借にしてしまうとかえって損をしてしまうのです。

このように土地の評価は借りている状態によって変わってくる部分も多く、あらかじめ理解しておいたほうがいいでしょう。
自分だけで調べることも可能ですが、できれば専門家の力を借りたほうがより早く理解できますし、スムーズに手続きもできると思います。
税金に関する相談は税理士が専門なので、贈与税・相続税に関する相談がメインになるのであれば近くの税理士事務所を探してみるといいでしょう。