貸家建付地の記事一覧 - 貸宅地・貸家建付地ってどう評価されるの?

HOME » 貸家建付地

貸家建付地

貸家建付地について

遺産相続ではいろいろな財産が対象となりますが、中でも土地や建物といった不動産はその代表的な財産と言えるでしょう。
一般的に土地や建物を所有している場合、それだけを持っている人はあまり多くなく、ほとんどが人に貸して利益を出そうとしていると思います。
そこで今回覚えておいて欲しいのが「貸家建付地」についてで、これは土地や建物を評価するときに非常に重要なポイントになります。
Click≫ 『貸家建付地について』

貸家建付地と使用貸借

遺産相続をするときにその対象となることが多い財産として土地があげられますが、土地はそれだけを所有している場合人に貸していることも多いと思います。
土地を人に貸している場合貸家建付地となりますが、使用貸借となるのか賃貸借になるのかによって状況は異なります。
そこでまずはこの2つをしっかり理解しておかなければなりません。
今回は貸家建付地とは何か、また使用貸借と賃貸借について説明していきますので、土地を相続する可能性がある方は特に参考にしてほしいと思います。

Click≫ 『貸家建付地と使用貸借』

貸家建付地と同族会社

遺産相続するときには相続人となる人が決められ、いろいろな種類の財産を相続する権利が与えられます。
これはもともとある法律に沿って進められる場合もあれば、被相続人があらかじめ遺言書を残している場合もあります。
そして相続対象となる財産の中でも土地は規模が大きく、相続税の対象となる可能性が極めて高くなります。

Click≫ 『貸家建付地と同族会社』

貸家建付地にある評価減とは

相続財産に貸家建付地が含まれていた場合、それも含めて相続税を計算する必要があります。
貸家建付地とは、故人が所有していた土地と、その上に建っている賃貸物件などのことですから、要は不動産の価値評価の分野になります。
このとき、その土地や物件が持っている本来の価値から少し評価減されます。

Click≫ 『貸家建付地にある評価減とは』

貸家建付地の読み方

相続財産に不動産が入っているとき、それが貸家建付地になることもあります。
いろいろと知っておきたいこともありますが、そもそも見慣れない言葉で読み方すらわかりませんよね。
これは「かしやたてつけち」と読みます。
少なくとも日常生活でよく使う言葉ではないでしょう。
Click≫ 『貸家建付地の読み方』