貸家建付地の記事一覧 - 貸宅地・貸家建付地ってどう評価されるの?

HOME » 貸家建付地

貸家建付地

貸家建付地は売却できる?

故人が賃貸マンションなど経営していた場合、相続財産には貸家建付地が含まれることも多いです。
貸家建付地とは、賃貸マンションなど誰かに貸す物件を建てている自分の土地のこと。
土地も建物も故人の名義だったとき、その土地は貸家建付地となります。

このような遺産を相続したとき、自分も賃貸マンションの経営などに興味があればいいのですが、あまり興味がない場合や、とてもそのような余裕がないとき、貸家建付地やその上に建っている物件はどちらかというと売却したいことも多いでしょう。
これらは可能なのでしょうか?

これはもちろん可能です。
故人がやっていたような不動産経営をやるつもりがないときは、物件や貸家建付地については売却も考えるといいでしょう。

しかしこれらを相続したとき、その土地の上には賃貸マンションなどが建っており、そこに現在も住んでいる方がおられることも多いですよね。
このような物件や土地は売却できるように見えないかもしれませんが、これは可能です。
売却するときの方法には2つあり、1つは現在の入居者には退去してもらい、今誰も使っていない物件や土地として売り出すこと。
もう1つは入居者がいる状態でそのまま売りに出す方法です。

どちらの方法がいいのかというと、貸家建付地を相続した場合、そこに建っている物件の入居者の退去を考えるよりは、そのまま売りに出した方が費用や手間はかかりにくくなります。
物件や土地の売却のため、入居者に退去のお願いや相談をすることは可能です。
ただし、このような退去願いに入居者が従うべき法的理由はありません。
応じてもらえない場合、退去料などを支払って納得してもらうのが一般的で、費用や手間がかかりがちです。

これに比べると、入居者がいる状態で、そのまま物件も貸家建付地も売りに出す方が、所有者としての負担は軽くなります。
そしてこのような物件はすでに入居者がおり、購入後にはすぐに家賃収入が入る物件になりますから、不動産経営に興味がある方には魅力的な物件となるわけです。

なお、入居者がいる状態で貸家建付地や物件を売りに出すのは問題ないのかというと、これは特に問題ありません。
オーナーチェンジという形で売れば、入居者にとっては家主が変わるだけで、それ以外は特に変わりないためです。

もちろん一度入居者に退去してもらった上での売却もできます。
どちらにしても、相続した貸家建付地の売却は可能です。
ただし、本当に売れるかどうかはその不動産の価値や魅力、市場の需要によりますから、貸家建付地の相続をするとき、なるべく売却したい方は、一度専門家に相談してみるといいでしょう。

貸家建付地とは

遺産相続するときにはまずどんな財産が対象になるのか調べると思いますが、その中でも不動産関連の財産は相続する可能性が高いですし、特徴が異なるのできちんと把握しておかなければなりません。
不動産とひと言で言ってもいろいろな種類があって、単純にマンションやビルなどの建物もあれば、山林や農地などの土地、ほかにも不動産関連の権利などがあげられます。
Click≫ 『貸家建付地とは』

貸家建付地の売買

被相続人となる家族がなくなったあとは遺産相続を進めていくことになりますが、その対象となる財産の中には不動産関連のものが含まれていることも非常に多いです。
たとえば土地や建物を持っている場合はもちろん対象になりますし、不動産関連の権利も相続財産になります。

不動産関連の相続はその後持っていても活用が難しいので売買するという人もけっこう多いのですが、売買するときには不動産の種類によって特性が異なることを覚えておかなければなりません。
中でも貸家建付地は評価の方法はもちろん、どのような特徴を持っている不動産なのかいまいち理解できていない人も多いと聞きます。
Click≫ 『貸家建付地の売買』

貸家建付地での賃貸割合とは

相続財産に不動産がある場合、その土地の種類に応じて評価額を適切に計算します。
このときに知っておきたい種類の1つが、貸家建付地です。
その土地の上に賃貸物件を建てており、実際に住んでいる住人がいると、その土地は貸家建付地、つまりは他人に貸すために使っている土地という扱いの1つになり、自用地とはまた別の評価方法になります。
その計算方法は、「自用地としての評価額‐(自用地としての評価額×借地権割合×借家権割合×賃貸割合)」となります。
Click≫ 『貸家建付地での賃貸割合とは』

貸家建付地の分筆


相続で問題になりやすいのが土地の相続です。
現金なら相続人の人数でできるだけ公平に分割できますが、1つの土地を相続人の人数で等分するといった対応は難しくなります。
もちろんできなくはないのですが、共同所有といった形にすると全員の同意がないとその土地の処分などができなくなり、不便さも大きいのです。
その上に賃貸物件が建っている貸家建付地など、ますます相続人同士での分割が難しくなります。
このときに有効な方法の1つが分筆です。
Click≫ 『貸家建付地の分筆』

貸家建付地の物納

貸家建付地とは被相続人が所有していたもので、その上に被相続人が賃貸用マンションやアパート等を立てている土地のことです。
これも規定の計算方式で価値を評価し、相続財産に加えます。
そのためこの貸家建付地が非常に多くある場合、相続税がかかることもあるでしょう。
このときに物納を選択したい方もおられるでしょう。
Click≫ 『貸家建付地の物納』

貸家建付地の相続

遺産相続の対象となる財産の中でも不動産はよくあがってくるものですし、同時にトラブルになりやすい財産でもありますから、被相続人はもちろん相続人もあらかじめ不動産相続について知識を深めておくことが大切になります。
中でも少し難しいのが「貸家建付地」と呼ばれるもので、これは所有している土地にビルやアパート、マンションなどの建物が建っていて、なおかつその一室を第三者に貸している状態のところを指した言葉です。

それでは貸家建付地を相続する場合、どのような流れで進めていけばいいのでしょうか?
まずはじめに相続の基本的な流れに沿って進めなければなりませんので、被相続人が亡くなったら通夜や葬式を済ませ、遺言書の確認をします。
Click≫ 『貸家建付地の相続』

貸家建付地の売買

遺産相続の対象となる財産の中には不動産があり、相続の対象になることが非常に多いのですが、不動産には種類がいくつかあって、それぞれ概念が違ったりします。
それ故に不動産の相続はトラブルに発展してしまうことも多いと言われていますから、不動産を所有している人は将来自分が被相続人となることも想定して自分の不動産はどのように相続するものなのか知っておくといいでしょう。

今回テーマにしたいのは不動産の中でも少しややこしい「貸家建付地」についてで、これは不動産を所有している人や不動産関連の仕事をしている人以外だとなかなか聞きなれないワードだと思います。
まず不動産は大きく分けて「土地」と「建物」と「権利」に分類することができ、それぞれが財産となります。
Click≫ 『貸家建付地の売買』

貸家建付地の売却

遺産相続のときに高い確率で相続する可能性のある財産に不動産があげられますが、その中には貸家建付地を相続することになる人もいると思います。
普段から不動産に関わっている人なら分かるかもしれませんが、そうでない人は貸家建付地と聞いてもいまいちピンとこないのではないでしょうか?

Click≫ 『貸家建付地の売却』

貸家建付地の評価

遺産相続するときにはいろいろな財産が相続の対象になりますが、その中でも不動産は相続する可能性が高い財産のひとつと言えます。
預貯金などの現金であれば銀行で名義変更するだけですし、株式なども証券取引所や信託銀行へ問い合わせて名義変更するだけなので簡単ですが、不動産の場合は種類によって評価方法も異なりますし不動産とひと言で言ってもいろいろなものがあります。

Click≫ 『貸家建付地の評価』