土地の評価についての記事一覧- Page 2 of 2 - 貸宅地・貸家建付地ってどう評価されるの?

HOME » 土地の評価について

土地の評価について

貸家建付地とはどのような土地でどのように評価されるのか?

土地の評価というのは、同じ場所・同じ面積であったとしても、自用地・貸宅地・貸家建付地とその利用状況により評価額が違ってきます。
その中の貸家建付地とは、自分が所有している土地に、自分の所有するアパート・マンション・貸しビルなどの賃貸用の建物を建て他人に対して貸している場合の土地です。
賃貸マンションなどを借りている側は借地借家法で借家権が保護されているため、その借家権の範囲内で間接的ではありますが、土地に対して支配権があります。
その為に、所有者が普通の更地のように利用することができない土地という考えから、貸家建付地は通常の評価よりも低い評価になってしまうのです。
Click≫ 『貸家建付地とはどのような土地でどのように評価されるのか?』

貸宅地とはどのような土地でどの程度の評価価格になるのか?

貸宅地とは借地権の付いた宅地の所有権のことで、この借地権というのは建物所有を目的とする地上権または賃借権のことです。
ただ土地を貸していても駐車場として貸しているだけで、その土地に家が建てられていない場合には貸宅地とはならないのです。
このようなことから貸宅地とは、完全所有権といわれる更地のように、土地所有者が自由に利用したり転売したりできるものではありません。
借地権者との関係で利用上の制約があって、きちんと立ち退き料を払って立ち退いてもらう必要がありますし、借地権者以外の第三者に土地だけを売却することは大変困難なことになるのです。
つまり貸宅地とは不完全所有権と考えられるのです。
Click≫ 『貸宅地とはどのような土地でどの程度の評価価格になるのか?』