不動産相続の借地権と期間 - 貸宅地・貸家建付地ってどう評価されるの?

HOME » 土地の評価について » 不動産相続の借地権と期間

不動産相続の借地権と期間

相続

不動産相続で必要となってくることは多々あり、頭を悩まされている方も多いのではないでしょうか。
事実、不動産の相続で多いのが建物や土地などです。
これらの財産や資産は大きくなることも多く、相続する場合はその規模も大きいと言えるでしょう。
ただ、不動産に関しては、所有権がそれぞれ違っているなど、意外にも面倒なことや手間のかかることが多いです。
その中でも注意しておきたいのが借地権についてです。
この借地権というのは、簡単に言えば土地を借りて建物を建てるための権利と言えます。
土地や建物を自分で購入した被相続人であれば、相続する際にはそのまま相続することができます。
しかし、土地が借りているものの場合はどうなるのでしょうか。
そこをしっかり考えておかないとパニックになってしまうということもあるでしょう。

まず、借地権の考え方としては、土地を一定額で借りているという考え方となります。
つまり、土地自体の所有権は所有者にあり、権利自体は借りる本人が所有権を持つことになるのです。
わかりにくいかもしれませんが、所有権自体は土地を持っている人にあるものの、それを借りる管理は借りる本人にあるということです。
そうなるとどうなるのかというと、相続の際には土地を相続するのではなく、借地権そのものを相続するという考え方となります。
どういうことなのかというと、建物と借地権を相続し、その権利を継続するということになるのです。
ただ、土地の価値というのは時代によって変わってくるし、路線価によっても変わってきます。
その他、色々な条件によって変わってくるでしょう。
そこは、まず色々と考えてみてはいかがでしょうか。
事実、わからないこともあると思いますが、専門家に相談しながら進めていけば、難しいことはありません。

専門家に関しては、弁護士の他に司法書士や行政書士、税理士という頼りになる方も多々います。
それは自分で利用したい人を見つけてみて、活用していくことが必要となります。

なお、実際に借地権に関しては色々と手間や面倒になることもあるので、そこは十分に気を付けておくことが必要となります。
ただ、専門家に相談すれば、それらの心配も必要ありません。
まずはじっくりと相談してみて、財産評価の面からもサポートしてもらうようにしてください。
財産の評価がしっかりできていれば、相続自体はそこまで難しいものではありません。
もちろん、相続放棄する場合は、また別の手続きが必要となります。