倍率地域の貸家建付地 - 貸宅地・貸家建付地ってどう評価されるの?

HOME » 土地の評価について » 倍率地域の貸家建付地

倍率地域の貸家建付地

貸家建付地の評価をするとき、その土地がどんなエリアにあるのかにより、計算の流れが変わります。
もしこれが倍率地域だったとき、どういう流れになるでしょうか。
まず倍率地域とは何かというと、自用地の評価をするときに使う路線価が設定されていない地域のことです。

貸家建付地の評価をするとき、まずその土地が自用地だったとしたら、いくらの価値があるのかを計算します。
自用地の評価額を計算する方法には、路線価方式と倍率方式とがあり、優先度が高いのは路線価方式です。
こちらの方式で計算できるときは、こちらの方式で評価を行います。

路線価とは何かというと、その土地の道路についている値段のことです。
その土地が面している道路に値段がついているときは、その路線価を使ってその土地の評価額を計算します。
しかしこの路線価は、全国どこにでも設定されているものではありません。
路線価は主に市街地に設定されていることが多く、そこ以外のエリアには設定されていないことが多いです。

路線価が設定されていないときは、倍率方式を使って自用地の評価を行います。
このように路線価がなく、倍率方式で土地の評価を行うエリアを倍率地域といいます。
相続したその貸家建付地がこの倍率地域にある場合、この土地の評価を行うには、まずはこの倍率方式を使った自用地の計算が必要になるのです。

その計算方法は比較的簡単で、その土地の固定資産税評価額に所定の倍率をかけるだけです。
固定資産性評価額は、市町村から送られてくる書類に載っているため、それを調べればすぐにわかります。
その評価額にかける所定の倍率は、国の機関のHP上で公開されています。
その貸家建付地が倍率地域にある場合、その土地がある市町村の倍率を調べてください。

これらがわかったら、「固定資産税評価額×所定の倍率」により、倍率地域の自用地としての評価額を計算できるのです。
そしてこれが計算できたら、その土地にある貸家建付地の評価額も計算できるようになります。

貸家建付地の計算式は、「自用地としての評価額‐(自用地としての評価額×借地権割合×借家権割合×賃貸割合)」という式になります。
借地権割合とは、各地域で決まっている割合で、倍率が載っている表にあわせて記載がありますから、確認してください。

借家権割は、全国的に30%となります。
最後の賃貸割合とは、その貸家建付地に建っている物件が埋まっている割合のことです。
倍率地域の貸家建付地はこのような計算式で評価できます。