貸家建付地と貸宅地の違い - 貸宅地・貸家建付地ってどう評価されるの?

HOME » 土地の評価について » 貸家建付地と貸宅地の違い

貸家建付地と貸宅地の違い

土地や建物などの不動産は遺産相続の際に対象となる財産で、規模も大きくなる可能性が高く、しっかりとした知識を持って進める必要があります。
現金のように分かりやすく分割できるものであれば特にトラブルになることもないのでしょうが、土地や建物の場合均等に分割することが難しいこともありますので、正しい評価というのが重要なポイントになります。

不動産の評価をするときに必ず出てくるワードの中に「貸家建付地」と「貸宅地」の2つがあげられますが、この違いについて知っている人は普段から不動産について調べている人や専門家だけでしょう。
そこで今回は貸家建付地と貸宅地の違いについて説明していきますので、これから土地や建物を相続する可能性がある人は覚えておいてください。

まずはじめに貸家建付地とは土地と建物を所有しており、なおかつ建物を人に貸している状態のことを指しています。
分かりやすく言うと土地の所有者がその土地に賃貸マンションを建てて、その部屋を人に貸している状態です。
土地だけでも建物だけでも貸家建付地にはなりませんし、両方あったとしても建物を無料で貸し出していたり空室になっている部分は貸家建付地には該当しませんので注意してください。

評価のやり方は土地の場合、相続開始日にどのくらいの評価額になるのかで判断され、建物の場合は空室になっている部分以外を評価の対象とし、空室の部分は減額対象にします。
減額対象にするのは空室=評価されていないというと判断されるからです。

次に貸宅地ですが、これは簡単に言えば土地を貸している状態で、貸した土地に誰かが建物を建てていると貸宅地になります。
分かりやすく言うと、自分の所有している土地に誰かが賃貸マンションを建てている場合、その土地は貸宅地となるわけです。
無償で貸し出していると貸宅地にはなりませんので、お金を支払って借地権を得ていることが条件になります。

一般的に貸宅地はあまり高い評価を受けることはないのですが、これは借地権が大きく関係しています。
借地権を得ているということはその土地に建物を建てる権利を得ているということですから、当然勝手に建物を壊したりすることもできません。
また、貸宅地は借地権の評価額との割合によって評価が変わってくるので、貸宅地の評価を知るときにはまず借地権の評価の割合がどれくらいか確認してから判断します。
このように貸家建付地と貸宅地は似ているようで異なるものなのです。