貸宅地や貸家建付地などに関係してくる定期借地権とは - 貸宅地・貸家建付地ってどう評価されるの?

HOME » 土地の評価について » 貸宅地や貸家建付地などに関係してくる定期借地権とは

貸宅地や貸家建付地などに関係してくる定期借地権とは

借地権は、普通借地権と定期借地権の2種類に大きく分けることができます。
そのひとつの普通借地権とは、地主側に土地の返還請求するための正当な理由がないと、契約期間が満了しても借地人から異議が出ない限り自動的に契約が更新されるものです。
もうひとつの定期借地権とは、その名が示す通りあらかじめ定められた期間しか存在しない借地権のことで、新借地借家法によって新たに認められた借地権です。

この定期借地権の特徴としては、土地所有者が土地は必ず戻るという信頼のもと土地を提供することで、保証金・地代という利益を得ることができるという点です。
また土地を借りた側は、約束の期間だけ一定の保証金か権利金、地代を支払うことで土地が利用できるということです。

この定期借地権には、一般定期借地権・建物譲渡特約付借地権・事業用定期借地権と言った3種類あって、契約存続期間の長さで分類されています。
一般定期借地権は、50年以上の借地権存続期間を設定して期間が満了することで権利が消滅する借地権のことです。
建物譲渡特約付借地権は、契約期間が満了したら地主が借地人から建物を買い取ることによって権利が消滅する借地権で、借地権の存続期間を30年以上に設定します。
事業用定期借地権は、居住用としてではなくて事業目的のために土地を賃貸借する借地権で、借地権の存続期間は10年とするケースが多いです。

定期借地権のポイントは、土地は必ず返還される、借入金なしで土地活用が可能、リスクが少なく収支が安定している、売却することなく一時金が入るなどがあります。
また、土地所有者は事業経営しなくて済むといった点もポイントで、どの定期借地権を選択するかは、それぞれのメリット・デメリットを考慮して、所有する土地の立地・貸したい期間・収益性なども考えて検討する必要があります。
それから、この定期借地権は貸宅地や貸家建付地など相続税対策として使用することも可能なので、その点も考えに入れておくと良いです。